ヒラタ ブンブク。 砂底のハリネズミ ヒラタブンブク 伊豆の生物 Vol.14

ヒラタブンブク Lovenia elongata

ブンブク ヒラタ ブンブク ヒラタ

☕ ヴィヤドゥ島はダイビングで 有名な島。 普通のウニは、外周が丸い形をしている。 分類: 棘皮動物門 ウニ綱 ブンブク目 オオブンブク科 Rhynobrissus オオブンブク科の一種 画像: 鹿児島県:奄美大島産 持ち帰ってクリーニング完了直後に力余って割ってしまった。

8

ヒラタブンブク

ブンブク ヒラタ ブンブク ヒラタ

👏 昨年のGWに西伊豆の浮島にダイビングに行った時に撮影したものです。

16

漂着物で遊ぼう

ブンブク ヒラタ ブンブク ヒラタ

📞 上から見るとハート型をしているため、英語ではheart urchinと呼ぶ。 なかなか完体を拾うこと ができず、ここにも破片の写真を掲載してい たけれど、2006 年の秋に、ついに拾うこと ができた。

10

素人が作ったお魚図鑑|棘皮動物門ウニ綱

ブンブク ヒラタ ブンブク ヒラタ

🤟 名前が何と も楽しげで、名づけた人のセンスがまたとて も素敵だ。 電話の説明から大体見当がついたが、現場を訪ねてみて確認できた。 標準和名: ヒラタブンブク 学名: Lovenia elongata 分布: ・房房総半島、相模湾以南、インド洋、西太平洋 見かけた場所: ・静岡県:富戸 ・福井県:敦賀 ・福井県:三里浜 ・和歌山県:日高町 ・鹿児島県:瀬戸内町 生息場所: ・潮下帯、水深90mの記録も有り。

15

執念のヒラタブンブク

ブンブク ヒラタ ブンブク ヒラタ

✍ 他にオカメブンブク、オオブンブクなどもいるようで図鑑によっては『ブンブクチャガマの仲間』という表現もありました。 オオブンブク Brissus agassizii やっと手に入れた最初にブンブクがこれ。

5

砂底のハリネズミ ヒラタブンブク 伊豆の生物 Vol.14

ブンブク ヒラタ ブンブク ヒラタ

🖕 仲 間のエゾバフンウニの卵巣は高級食材で、本 種の卵巣も食べることができる。 タマゴウニは世界でも2属 2種しかいない少数派のウニ。

9

漂着物で遊ぼう

ブンブク ヒラタ ブンブク ヒラタ

😅 ところがブンブクチャガマの類は前後に伸びているため,あまりウニらしくない。