気 は 長く 心 は 丸く 腹 立て ず 口 慎め ば 命 長 かれ。 気は長く 心は丸く 腹立てず 口慎めば 命長かれ

「気は長く 心は丸く 腹立てず 己は小さく 人は大きく」

腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は 腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は

💖 反対に、沈黙ほど雄弁な語り手はいない。 故末路晩年、君子更宜精神百倍。 『月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり。

気 は 長く 心 は 丸く 腹 立て ず 口 慎め ば 命 長 かれ

腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は 腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は

👌 白寿(はくじゅ) 「白」という字は「百」という字より一画足りないので。

19

気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく 。

腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は 腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は

☯ 本当の識者たるものは、そう簡単に口を割ろうとはしない。

6

気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく 。

腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は 腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は

✔ 日本の国を真の意味で強靭なものにするということは,結局は,戦後レジームと呼ばれたものから脱却することそのものを意味しています。 ここ最近、拙欄に頻繁に登場する内海隆一郎氏。 同じ田に水を引くときでも、畔を築いて引けば田を潤して福となるが、畔を築かずに引き込めば、肥えた土を流すこととなり、大きな禍となる。

知識は眼と耳から入ってくるが、けっして口からは入ってこない

腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は 腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は

😆 久しぶりに会ってまだ居たんですねとか、年齢を聞かれるとか。

4

知識は眼と耳から入ってくるが、けっして口からは入ってこない

腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は 腹 気 長 口 ず 慎め 心 かれ 丸く は 命 長く ば 立て は

📲 因みに、気は長く・・・のオリジナルは達磨大師の言で 「人は大きく、己は小さく、心は丸く、腹たてず、気は長く 口謹めば命ながかれ」 円覚寺、京都紀三井寺、二尊院、大徳寺塔頭大仙院にこれをベースにした書があるとのこと。

1