Wakeai 通販 サイト。 #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモールWakeari(ワケアリ)

フードロス削減を支援する通販モール「WakeAi(ワケアイ)」オープン 送料無料の販売も開始

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

⚓ その想いは、私だけでなく「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」を立ち上げた小坂さんをはじめ、グループに所属している皆さんがそういった想いを持った方々だったと感じます。 SDGsにおいては、17のゴール、169のターゲットが設定されるとともに、進捗状況を測るための約230の指標(達成度を測定するための評価尺度)が提示されている。 コロナ禍において滞ってしまった経済活動をなんとか盛り上げたいという思いから、事業者と消費者をつなぐFacebookグループを立ち上げたところ、発足以降わずか18日間で登録数30万人を突破。

食品ロス削減を支援する通販モール「Wakeari」、36万人が登録するFacebookグループと統合し、「WakeAi」としてリニューアル

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

😋 「WakeAi」の商品紹介イメージ 「WakeAi」は、事業者支援を今後継続的に行うためのプラットフォームとして、「買って応援、食べて応援」を実現する、通販モールとしての活動を更に大きくしていきたいとの考えを示した。 Wakeariは同プロジェクト対象の商品を取りそろえ、該当商品の送料無料での販売を始めている。 送料無料の同プロジェクト対象商品の販売を開始した。

12

食品ロス削減を支援する通販モール「Wakeari」、36万人が登録するFacebookグループと統合し、「WakeAi」としてリニューアル

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

👍 以前Techableでも取り上げた、訳あり商品をお得な値段で販売するマーケットプレイス「」は、36万人が登録する「Facebookコロナ支援・訳あり商品情報グループ」と統合し、2020年10月12日に「社会貢献型通販モール:WakeAi(ワケアイ)」としてオープンした。 水産物• マスクや消毒用アルコールなどの防疫グッズの最安値だけではなく、新型コロナウイルスの感染者数の推移が分かるグラフを埋め込んだり、消毒や感染予防対策について、アニメーションで説明する動画を埋め込む等、これまで培ったウェブ制作やアニメーション動画制作のノウハウを活かし、新型コロナウイルスに関連して役立てる情報提供に努めました。

「Wakeari」改め「WakeAi」! 農水省のPJTに参加、送料無料商品の販売開始 | ガジェット通信 GetNews

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

⚔ コロナ支援の応援サイト WakeAiとは? 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国に発令(2020年4月16日)されてもう半年以上がたちます。 これをきっかけに、インターネットの凄さに魅力を感じ、自分のビジネスの販路開拓も、初期からインターネットを全面的に活用する施策を展開してきました。

「Wakeari」改め「WakeAi」! 農水省のPJTに参加、送料無料商品の販売開始 | ガジェット通信 GetNews

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

🤜 「価格. その事業主も、この厳しい状況を応援したいという気持ちで団結しているんですね。 新型コロナウイルスの影響により事業が立ち行かなくなってしまった事業者が自社の商品を出品・販売でき、消費者は通常よりも求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」できるサービスだ。

7

「Wakeari」改め「WakeAi」! 農水省のPJTに参加、送料無料商品の販売開始

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

❤️ () そんな中、ニュースなどで、飲食店や事業者の方が「商品が売れなくて困っている」という報道がされているのをしばしば見かけました。

19

「Wakeari」改め「WakeAi」! 農水省のPJTに参加、送料無料商品の販売開始

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

😁 なお、8月12日よりクローズドでサービスを提供しており、すでに月間平均1万件以上の注文を受け付けているという。

11

「#元気いただきますプロジェクト」に「社会貢献型通販モール:WakeAi」が参加、送料無料商品の販売を開始|InSync株式会社のプレスリリース

サイト wakeai 通販 サイト wakeai 通販

👎 「買って応援、食べて応援」を実現する通販モールとして、活動の拡大を目指す。 多くの業種では、前年同月比で3月に決済件数・金額が減少していく中、 「ECモール・通販」では伸び率の平均が6. 今でこそ動画の時代で、YouTubeが大きなプラットフォームとして成長していますが、当時はまだ動画配信サービスの先駆けの時代だったと思います。 在宅時間増に伴う「ECモール・通販」消費増がうかがえる。

1