至誠 天 日 を 貫く。 やはり遺思を貫くのを怠るのは間違っている

至誠天日を貫く(しせい天日をつく)

日 貫く を 天 至誠 日 貫く を 天 至誠

💙 5年半程前、私は「今日の森信三(35)」で『誠に至るのは、何よりもまず自分の仕事に全力を挙げて打ちこむということです。 協力して欲しいから」 「俺は何をしたら良い?どうしたら、小町は・・・助かる?」 「・・・死のうたってそうはいかせない。 これはやはり孟子の「至誠而不動者未之有也」を引用した言葉ともいえるのではないでしょうか。

3

至誠天日を貫く(しせい天日をつく)

日 貫く を 天 至誠 日 貫く を 天 至誠

🤪 当初は固辞していた同氏だったが、自分の会社を作って下請けとして入る形で、再び日本車輌の仕事に戻ることとなった。 若さゆえの勢いも手伝って、700万円を頭金に3台購入した。 俺から大事な話があるんだ」 話? 「まぁ、後で話す。

西郷隆盛 【天を貫く至誠の人】

日 貫く を 天 至誠 日 貫く を 天 至誠

😩 武泰氏に何か特別な意図はなかったのか。

5

株式会社木村建設 ‐ 至誠、天に通ず。地獄の果てに50代で掴んだ成功

日 貫く を 天 至誠 日 貫く を 天 至誠

😋 私たちの体もまた大自然のはたらきにほかならないのです。

1

至誠

日 貫く を 天 至誠 日 貫く を 天 至誠

⌚ だからこそ自由にものが言え、読んで面白い。 それはいささかも(私意を以て)欺くことがなく、 循環して止むことがない」となります。

13

『誠とは?』

日 貫く を 天 至誠 日 貫く を 天 至誠

✔ 知り合いが来てくれたら嬉しいだろうから・・・』 と言われて、というか言われずとも行くつもりであったのだが。 西郷隆盛 人を相手にせず、天を相手にせよ。

20