監督 指針。 法務省:企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について

保険会社向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督

✌ II -4-11 障害者への対応• VIII -4-2-1 銀行代理業者の禁止行為、不適切な取引等• III -7-3 監督手法・対応• III -2-3-2-5-2 主な着眼点• この場合、交通事故の事例又は自社の事業用自動車の運転者が運転中に他の自動車又は歩行者等と衝突又は接触するおそれがあったと認識した事例 (いわゆる 「 ヒヤリ ・ハット体験」)を説明すること等により運転者に理解させる。

10

法令・指針等:金融庁

指針 監督 指針 監督

❤️ また、当該事項から逸脱した方法や姿勢による運転をしたこと及び 日常点検を怠ったことに起因する交通事故の事例、当該交通事故を引き起こした貨物自動車運送事業者及び運転者に対する処分並びに当該交通事故が加害者、被害者その他の関係者に与える心理的影響を説明すること等により 当該事項を遵守することの重要性を理解させる。 III -3-1-2-2 監督手法・対応• ・《交通事故を防止するために留意すべき事項》を 《運行の安全及び旅客の安全を確保するために留意すべき事項》に改め、その中に 「シートベルトの装着を徹底させること」を追加 ・《危険の予測及び回避》で、 貸切バスの運転者にあっては、「運転者が実際に運転するバスと同一の車種区分の車を停止状態で用いて、制動装置の急な操作の方法について指導する」を追加 ・《安全運転の実技》で、 「運行する可能性のある経路(高速道路、坂道、市街地等)で、道路、交通及び旅客の状況並びに時間帯を踏まえ、運転者が実際に運転するバスと同一の車種区分の車を運転させ、安全な運転方法を添乗等(貸切バスの運転者にあっては添乗)により指導する」を追加 ・貸切バス以外の運転者に対しては、従来通り。 III -3-2-6 監督手法・対応• III -2-3 金融サービス利用者相談室で受け付けた情報のうち、いわゆる貸し渋り・貸し剥がしとして提供された情報に係る監督上の対応• III -3-2-4-4 再生法開示債権の開示区分• II -1-8 電子申請可能な申請書等を提出するに当たっての留意点• III -2-1-1-3 監督手法・対応• III -3-7-3-1 意義• 3.議事録の作成法 乗務員全員に対して安全教育をしたときは、その詳細を 「議事録」として記録保存しなければいけないことになっています。

7

運送業の指導監督指針12項目の実施の仕方と記録方法!

指針 監督 指針 監督

🐝 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• そこで、今回のコラムでは、試験勉強の教材としての同指針の活用方法など、試験勉強に役立つ内容を幾つかご紹介したいと思います。 IV -2-2 任意加入制団体定期保険• III -2-3-5 報酬体系の留意点等• 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• III -3-8-2 主な着眼点• III -6-2-3 監督手法・対応• III -3-3-2-2 主な着眼点• II -2-3 早期警戒制度• III -3-2-1 意義• III -1-2 検査・監督事務の具体的手法• 是非、PDFファイル等における「検索機能」をフル活用しながら、「自己責任(原則)」や「健全性」といった用語を含めて、自作の「穴埋め問題」を作成されると良いでしょう。

16

貸金業者向けの総合的な監督指針:金融庁

指針 監督 指針 監督

⚡ III -2-2-1 意義• III -6-2 行政手続法との関係等• II -1-2 検査・監督事務の具体的手法•。 II -4-2 保険募集管理態勢• VIII -3-1-1 銀行代理業者の監督に係る一般的な事務処理の流れ• III -6-4-3 監督手法・対応• III -2-3-6-2 着眼点と監督手法・対応• III -3-7-3-3 監督手法・対応• VII -3-3 グループベースの報告態勢• III -10-3 監督手法・対応• VIII -5-2-3 銀行代理業者の原簿の閲覧に係る留意事項• V -5-4 自己契約• IV -6-3 商品販売予定を踏まえた効率的な保険商品審査の実施• )等の事業用自動車の運転に関して生ずる様々な危険について、危険予知訓練の手法等を用いて理解させるとともに、危険を予測し、回避するための自らへの注意喚起の手法として、指差呼称及び安全呼称を行う習慣を体得させる。 犯罪対策閣僚会議HP ( )• III -1-2-3 監査等委員会設置会社である銀行の場合• V -3-3-8 子会社等に係るその他の留意事項• IV -1-17 他人の生命の保険契約に係る被保険者同意の確認• III -3-7-1-2 主な着眼点• 「金融商品取引業者は、適正な投資勧誘の履行を確保するために整備した態勢に基づいて、顧客に対する誠実公正義務を果たす必要がある。

17

中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督

⚒ III -3-1 登録の申請、届出書等の受理 III -3-2 登録等に関する意見聴取 III -3-2-1 登録に関する意見聴取 III -3-2-2 変更登録に関する意見聴取 III -3-2-3 処分又は登録の取消しに関する意見聴取 III -3-2-4 警察庁長官等からの意見 III -3-3 登録不更新等の取扱い III -3-4 財産的要件を満たさない場合の対応 III -3-5 事業報告書に係る留意点 III -3-6 業務報告書の徴収 III -3-7 非協会員に対する広告の写し等の徴収 III -3-8 廃業等の取扱い III -3-9 債権譲渡届出書等の取扱い III -3-10 貸金業者が提出する報告書における記載上の留意点 III -3-11 電子申請可能な申請書等を提出するに当たっての留意点• いかがでしたか。

3

アクチュアリー第2次試験対策(監督指針の改正)

指針 監督 指針 監督

👀 その上で、顧客に対してこのような合理的な理由を欠く投資勧誘行為や、不適当又は不誠実な投資勧誘行為が行われないようにする必要がある。 VIII -3-2 許可申請に係る事務処理• I -1-1 貸金業の監督の目的 I -1-2 貸金業監督の基本的枠組み I -1-3 貸金業監督部局の基本的役割 I -1-4 貸金業者の監督に当たっての基本的考え方• III -11-6 損失吸収力等の充実• II -4-6 顧客の利益の保護のための体制整備• II -3-1-1 不祥事件等に対する監督上の対応• III -5-3 連絡・相談手続• IV -1-2 保障又は補償の内容• 主要行等向けの総合的な監督指針 令和2年12月• IV -5-2 責任準備金• V -5-6 保険契約の募集上の留意点• V -2-4 保証金の保管替え等• IV -1-9 保険契約者等(顧客を含む。

18

保険会社向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督

📱 II -5-1 行政処分(不利益処分)に関する基本的な事務の流れについて• IV -1-14 特別勘定又は積立勘定を設ける商品• III -3-6-1 意義• III -3-2-3 銀行に求められる開示の類型• VII -5-2 海外当局との連携によるグループ監督. 金融コングロマリット監督指針(令和元年12月18日廃止) 本文( ・ )• III -3-1-4 反社会的勢力による被害の防止• III -2-5 契約条件の変更• III -3-2-4-2 ディスクロージャー誌の記載項目について(施行規則第19条の2及び第19条の3関係)• III -4-2 主な着眼点• III -3-5-3-1-1 意義• 乗務員全員に対して安全研修を実施する必要はありますが、この記載例を見てもわかるとおり、日にちを分けて実施しても問題ありません。 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律に基づく金融監督に関する指針 (コンサルティング機能の発揮にあたり金融機関が果たすべき具体的な役割) 本文( ・ )• II -2-5 市場リスク• III -9-3 監督手法・対応• III -3-10-3 監督手法・対応• III -2-1-3 早期是正措置• II -4-4 顧客保護等• II -3-4-3 金融機関相互のシステム・ネットワークの利用• III -2-3-4-3 監督手法・対応• III -2-3-2-4 カントリーリスク管理• VII -2-1 意義• IV -2-1 逓増定期保険• III -11-6-2 TLACを利用した秩序ある処理等• III -3-5-2-1 意義• また、これらを把握していなかったことに起因する交通事故の事例を説明すること等により、事業用自動車の構造上の特性を把握することの必要性を理解させる。 III -6-4-2 主な着眼点• III -6-4-1 意義• V -1-6 登録の拒否• 8 危険の予測及び回避並びに緊急時における対応方法 強風、豪雪等の 悪天候が運転に与える影響、右左折時における内輪差、直前、後方及び左側方の 視界の制約並びにジャックナイフ現象(制動装置を操作したときに牽引自動車と被牽引自動車が連結部分で折れ曲がり、安定性を失う現象をいう。

主要行等向けの総合的な監督指針 : 金融庁

指針 監督 指針 監督

☘ III -11-4-1 意義• II -3-14 監督手法・対応• 同条では「金融商品取引業者等並びにその役員及び使用人は、顧客に対して誠実かつ公正に、その業務を遂行しなければならない。 IV -1-16 団体扱・集団扱の取扱い• IV -1-19 共同保険契約を引き受ける場合の取扱い• III -2-3-4-4-3 流動性カバレッジ比率規制に関する監督上の措置• 5 過積載の危険性 過積載に起因する交通事故の事例を説明すること等により、過積載が事業用自動車の制動距離、安定性等に与える影響を理解させるとともに、過積載による運行を行った場合における貨物自動車運送事業者、事業用自動車の運転者及び荷主に対する処分について理解させる。 指導監督指針では全部で12項目あるけれど、安全教育を毎月、実施しなければいけないということなの? A2. III -3-7-1-3 監督手法・対応• (>) 5.行政監査ではどのように見られる? それでは、仮に行政監査が行われたとき、この指導監督指針の第1章にある乗務員全員に対する安全教育はどのように見られるのでしょうか? これは、全ト協が発行している 「指導・監督指針~改正のポイント~」に詳しく記載されています。

8