エクセル プルダウン 追加。 Excelで大項目と連動するプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する

【エクセル】プルダウンに項目を追加する方法

追加 エクセル プルダウン 追加 エクセル プルダウン

💔 データの関連性を整理して1つめのリストを作る まずは、今回の例である「担当部署」と「担当者」の関係を整理しましょう。 そして、基本的な設定方法以外に、ドロップダウンリストの元となるデータに、しておくと扱いやすいよ、ということを• A列に指定した項目名とそろえ、ここでは「資格レベル1」と入力してください。

元データの追加だけで選択項目も自動で増えるドロップダウンリスト【Excel・エクセル】

追加 エクセル プルダウン 追加 エクセル プルダウン

😇 今回は小項目のプルダウンリストを適用しようとしているセルがB15のため、大項目を選択するセルは左隣のA15 になり、match A15… となります。 ただ、今回のように一覧表のテーブルと、ドロップダウンリストを設定したセルが 別シートの場合は自動的に増えてくれないので、この方法はおすすめできません。

プルダウンリストの項目追加自動 ~エクセル基本操作

追加 エクセル プルダウン 追加 エクセル プルダウン

⚐ プルダウンを作成したい表を準備し、前述の方法で、商品名の欄にプルダウンを作成しておきます。

エクセルでプルダウンリストを追加する方法を解説します!

追加 エクセル プルダウン 追加 エクセル プルダウン

💅 ドロップダウンリストの元データとしたい名前をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックすると、 [元の値]欄に選択した名前を設定することができました。 [OK]ボタンをクリックすると、 「Sheet2」のA2からA9番地のデータが選択項目となったドロップダウンリストを設定することができました! それでは設定したドロップダウンリストの、最後の選択項目「成沢 凌」をクリックで選択しておきます。 入力を終えたら、OKをクリックしてプルダウンの完成です! リストを変更するには「データの入力規則」を再度開いて、リストに修正を加えてください。

8

データの入力規則でプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成する:エクセル2010基本講座

追加 エクセル プルダウン 追加 エクセル プルダウン

🐝 連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する:Excelの基本操作• 名前の定義をクリック 名前の欄に、定義したい名前を入力します。

元データの追加だけで選択項目も自動で増えるドロップダウンリスト【Excel・エクセル】

追加 エクセル プルダウン 追加 エクセル プルダウン

🤗 元の値になる項目がどんどん増えていくようなケースだと、いちいち範囲指定を広げていくのが面倒です。 エクセルのシートにリストをつくっておけば、後からプルダウンメニューにデータを追加するときに自動で反映させる設定ができます。 データの入力規則で、入力値の種類で「リスト」を選択します。

9

Excel(エクセル)のプルダウンの作成方法|連動や解除、追加方法も解説

追加 エクセル プルダウン 追加 エクセル プルダウン

👉 INDIRECT関数は奥の深い関数なので、また別の機会を設けて詳しく解説します。 プルダウンとドロップダウンの意味は同じなので、両者を区別する必要はありません。 セルをクリックするとメッセージがポップアップされるようにするには、[ メッセージの表示] チェック ボックスをオンにし、ボックスにタイトルとメッセージを入力します 最大 225 文字。

14